洗足池・五反田・旗の台・長原・石川台・蒲田エリアのお住いの皆さん!
腰が痛い・立ち上がれない・歩き出せないなどお悩みありませんか??
そんなのお悩みあればからだらか鍼灸整骨院へ!!

みなさんこんにちは!
今日は朝から少し冷えてましたがまた暑くなりそうですね(^-^;
急な気温低下で体調を崩したりしないようしたいですね!

さて今日は、こんな冷える日に起こりやすくなるぎっくり腰(急性腰痛)
について書いていきたいと思います!!

どの年齢方でも起こりうるぎっくり腰!
ではぎっくり腰とはいったいどんな状態のことをいうのでしょう??

まず初めに知っておいていただきたいのはぎっくり腰とはあくまで
急な腰痛の通称であり必ず決まっているものではありません。
なのでぎっくり腰とはだからこうすれば必ずこうすべき!!
などは言い切ることはなかなか難しいものなんです。。。

ではそのぎっくり腰にはどんなパターンがあるのか見てみましょう!

まず、ささいなことでも急に起こりうるのは
背骨を構成する骨の関節面が通常とは少しのずれが発生し
痛覚受容器が過剰に反応することで起こる腰痛です。
この痛みはかなり些細な動きなどでも発生しかなりの痛みを
伴います。
ただ、逆にみれば関節面の不一致を修正することで
痛みはかなり軽減し、その日のうちに落ち着く場合もあります。

次は何か重いものなどを力を込め持ち上げようとした際に発生する
ぎっくり腰です!
このパターンでは場合によっては腰周囲の筋肉の繊維を痛める(切れる)
ようなこともあり、痛めた部分が熱くなってたり・赤みが出たりと
けがと近しい症状を呈してきます。
そのため、しっかり安静にしたり・コルセットで負荷を軽減したり
など患部への負担を減らす必要が強く出てきます。

また、上記同様の動作をした時に腰・骨盤の関節自体を捻挫してしまう
事もあります。
この時も関節周囲の靭帯や軟部組織を痛めることが多く安静を保つ
必要性が出てきます。。

そして上記3つの物とは大きく異なるのは、動かなすぎることで
筋肉のかたさ・緊張・疲労が強くなることで動かすことが困難に
なる腰痛です。
このパターンは動かない時間がさらに多くなることでより回復が
遅くなってしまいなかなか痛みが軽減しないこともあります。
当然動かなかったことが問題となっていますので徐々にでも
筋肉を伸び縮めさせ動かすことがとても大事になってきます。

このように一口にぎっくり腰と言っても人によりさまざまな
痛め方をしているので必ず一度診察等受けることをお勧めします!!

からだらか鍼灸整骨院情報

からだらか鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、
先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 からだらか鍼灸整骨院
所在地 〒145-0064 東京都大田区上池台2-25-8 コーポ宮本1F
電話番号 03-3720-7758
休診日 木曜午後/日曜/祝日
診療時間 9:00-13:00/15:00-20:00
アクセス方法 【電車】洗足池駅より徒歩2分
診療時間
09:00~13:00
15:00~20:00