何だか最近、方が上がり辛い・・痛みがずーっと取れないもしくは悪化していることはありませんか?

それは、四十肩・五十肩のサインかもしれません。「ただ痛い」だけが、四十肩・五十肩ではありません。
以下の症状にあてはまる方も、要注意です。

  • 遠くのものを取ろうとするときや、後ろのものを取ろうとすると、必ず痛む
  • 背中が、痛くて痛くてたまらない
  • 寝違えた状態が、ずっと続いている
  • 肩が抜けたように、ズキンと痛む
  • 肩を動かしたり、腕をあげたりするのがツラい
  • 肩から二の腕にかけて、痛だるい感じがある
  • 腕をまわすと、関節がカクカクと音がして痛みがある
  • 何の前ぶれもなく、急に肩が痛くなる
  • 肩のあたりにシビレがある

 

四十肩・五十肩は、肩の関節が炎症することで起こります。医学的には主に、五十肩のことを指して「肩関節周囲炎」と呼ばれています。

加齢による筋肉、関節の変形と、血液循環の悪化が原因ではないか、と言われています。

それにより、肩周辺に炎症が起こって、腫れや痛みが生じるんです。

痛くて痛くて動かさないままでいると、肩を動かせる範囲が狭くなって、血液の循環はもっと悪化してしまいます。悪循環におちいってしまうんです。

 

四十肩・五十肩と肩こりって違うの?

また、四十肩・五十肩を発症しやすい人がいます。

四十肩・五十肩というぐらいですから、やはり40代以降に起こりやすい症状。
しかし、男女差、運動習慣などはあまり関係がないようです。利き腕に起こりやすいということもありません。
ただし長いあいだ、野球など肩を酷使するスポーツや運動によって、肩関節がむしばまれてきた人、あるいは一度傷めたことのある人は、四十肩・五十肩が治りにくい、という傾向があります。

四十肩・五十肩を発症しやすい人は、ズバリ「猫背」の人です。

猫背の人は、重心が前のめりになり、身体の歪みが生じやすいんです。

  • 長時間のパソコン作業をしている人
  • スマホをよくいじっている人
  • ハイヒールをよく履いている人

これらはすべて、猫背を招きやすいので、気をつけてください。

また、同じ肩の痛みでも・・

四十肩・五十肩は、関節が炎症を起こしたもの。
肩こりは、筋肉疲労によって起こったもの。

肩こりは筋肉痛の一種であり、姿勢の悪さや緊張などが原因です。
症状も激痛とは異なり、ダルさをともなった痛みや肩の張りなどです。

筋肉が疲労して、肩周辺の酸素が足りなくなると、筋肉は自然とカタくなってしまいます。
細い線維が束になってできている筋肉。その筋肉がカタくなると、筋線維が互いに圧迫しあって、血流障害が起こるんです。
神経線維も圧迫されるので、ダルい痛みが生まれ、老廃物もたまっていきます。

肩の症状の原因でもある背骨の動き・筋肉の過収縮による痛みなど症状は様々です。

1つでも気になる部分がありましたら、洗足池・五反田・旗の台・蒲田エリアのからだらか鍼灸整骨院へご相談下さい。

からだらか鍼灸整骨院情報

からだらか鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 からだらか鍼灸整骨院
所在地 〒145-0064 東京都大田区上池台2-25-8 コーポ宮本1F
電話番号 03-3720-7758
休診日 木曜午後/日曜/祝日
診療時間 9:00-13:00/15:00-20:00
アクセス方法 【電車】洗足池駅より徒歩2分
診療時間
09:00~13:00
15:00~20:00