こんにちは!

大田区洗足池駅のからだらか鍼灸整骨院です!

 

今日のテーマは『ギックリ腰』についてです!

多くの方が聞いた事があったり経験したことがあるものだと思いますが、

原因や対処法は意外と知らないことが多いのです。

また冬になり寒い日が続くとギックリ腰になりやすいので、

当院の患者さんでもギックリ腰でお越しになる方も増えてきました…(+_+)

今回はそんなギックリ腰の病態や自身でできるケアを知っていただけたらと思います!

 


 

 

・病態

急に腰を痛めたことを通称『ギックリ腰』と言いますが、本来は『急性腰痛』と言われており

突発的に筋膜・筋肉・関節に許容範囲以上の負担がかかった際に損傷しまった状態です。

 

kata3

一般的に起こりやすい腰痛『慢性腰痛』でも筋膜・筋肉・関節を損傷しますが、

ギックリ腰の痛みが強い理由は、負担に耐えようとして身体が防御をしてしまう所です。

この防御というのは腰の筋肉を過度に緊張させて負担に耐えようとする状態で、

それにより腰の筋肉はうまく伸び縮みできなくなります

こうなることで起き上がれなくなってしまったり、歩けなくなってしまうのです。

 

損傷した部分は炎症を起こしてしまうので、熱感や腫れなども出ることがあります。

 

 

 

img_03応急処置

痛みが出てしまったすぐは冷やしてあげましょう

炎症反応が出てるのでそれ自体を抑えてあげることで痛みは減ります。

反対に温めるのは避けた方が良いです

よくお風呂に入った際に痛みが弱くなることもありますが、

それは緊張した筋肉が緩むので一時的に楽に痛みが弱まるのです

しかし温めることで炎症は増す恐れがあるので長時間浸かったりして温めるのは控えた方が良いです。

また、身体の防御反応はしばらく脳がその状態を維持しようとするので

温めて緩んだ筋肉が元に戻ろうと再度緊張してしまうので痛みが増してしまう恐れがあります。

 

 

 

上記が自身で出来るケア方法です。

ただギックリ腰の場合は痛みが強いことが多いので、冷やすだけだと治るのに時間がかかってしまいます。。。

そこで、当院ではギックリ腰に合わせた施術を行っているので痛みを早く減らすことができます。

また必要に応じて鍼治療なども合わせて行うので回復を早めたりすることもできますよ!(^^♪

受傷してしまうと日常生活やお仕事にも影響しやすいですから、

これってギックリ腰?と思ったらぜひお早めにお越しください。

 

<からだらか鍼灸整骨院情報>

大田区洗足池駅のからだらか鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

 

名称 からだらか鍼灸整骨院
所在地 〒145-0064 東京都大田区上池台2-25-8 コーポ宮本1F
電話番号 03-3720-7758
休診日 日曜/祝日
診療時間 10:00-20:30
アクセス方法 【電車】洗足池駅より徒歩2分
診療時間
10:00~20:30

 

 

sp;


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容