こんにちは!

東急池上線『洗足池駅』より徒歩2分のところにある『 からだらか鍼灸整骨院 』ブログ担当の滝澤です!

 

10月もあっという間に終わってしまいましたね…。

緊急事態宣言が終わりみなさんはどこかお出かけはされましたか?

出かけたい欲は山々ですが私(滝澤)はまだ人混みに行くのには抵抗があってどこにも行けておりません。

人が少ない自然を満喫できるとっておきの穴場があったら教えて下さい。(笑)

 


さて本題に入っていきましょう。

みなさんは歩いていて踵が痛むようなことはありましたか?

踵の痛みは膝から下にあるふくらはぎの筋肉が疲労してしまうとかかとに痛みが出てしまいます。

なぜふくらはぎに疲労が溜まるとかかとが痛くなるのでしょうか?

3805D299-26D4-4D93-836C-43EF887019C9

ふくらはぎは腓腹筋とヒラメ筋という2つの筋肉を総称して言われています。

そして腓腹筋とヒラメ筋はかかとに近づくと重なりアキレス腱へと変わります。

筋から腱に変わりそのアキレス腱はかかとに付いている為、ふくらはぎが縮まることでかかとが持ち上がりつま先立ちなどの動きを作っています。

女性では、ヒールがふくらはぎの緊張を作ってしまう原因になります。

ヒールはかかとを持ち上げてつま先立ちを常時作ってしまう履物なので夜靴を脱いだ時ふくらはぎの張り感や疲れを感じたことがありませんか?

踵に負荷がかかっている原因は運動や靴以外にもあり、普段の姿勢(骨盤のズレ)も原因になってしまいます。

 

unnamed (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば骨盤が右側に傾いていたとしたら、右足にかかる体重は左よりも大きくなりそうですよね?

体重が偏ったまま長距離を歩いたり運動をしたら通常よりも負担はかなりかかってしまいます。

 

でも裏を返せば…

骨盤のズレを調整して、ふくらはぎの緊張をしっかりと取ることができれば良さそうですよね?

普段の姿勢作りやお仕事後のストレッチを徹底して予防できると最高です!

 

 

最後にふくらはぎの緊張を取るストレッチをご紹介しますので毎日片足10秒づつ取り入れてみてください!

①しゃがんだ状態で膝に腕を乗っけます。

②体重を前にかけてアキレス腱からふくらはぎを伸ばしていきます。

*この時、かかとは必ず常に地面に接地した状態で伸ばしましょう!

 

 

ここからだらか鍼灸整骨院では、筋肉の緊張や疲労、回復促進などの為に

手技、鍼治療、骨格矯正、超音波、ハイボルテージなどの治療を選択できます。

治療以外にも普段の姿勢であったり、日常でも簡単に出来るストレッチ指導も行っております!

その他でもお悩みがありましたらいつでもご連絡ください!


当院では、新型コロナウイルス対策を行っております
・毎朝の検温
・スタッフのマスク着用
・施術毎の手指消毒、ベッド消毒
・換気 etc…

ご来院頂いた患者様にも
手指消毒、検温、マスク着用を
お願い致しております

 

<からだらか鍼灸整骨院情報>

大田区東急池上線洗足池駅のからだらか鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

 

診療時間
10:00~20:30

 

 

からだらか鍼灸整骨院公式Instagram

https://www.instagram.com/?hl=ja

こちらでは日常の風景や当日の予約の空き状況などいろんな情報をお知らせしています!

 

からだらか鍼灸整骨院  HP

 https://karadaraka-s.com/