こんにちは!

大田区洗足池駅のからだらか鍼灸整骨院です!

 

年末になり益々冷えてきましたが皆さんはどうお過ごしですか?

お仕事納めであったり、大掃除など何かと忙しく身体に負担がかかりやすい時期です。。。

なかでも負担がかかると『腰の痛み』は心配な所ですよね(+o+)

なので今回は簡単にできる腰痛予防をご紹介していきますよー!!

 

まず最初に腰の痛みは基本的に腰だけで起こるわけではありません

重いものを持ち上げた時、同じ姿勢が長時間続いた時、急に腰を動かした時

そのどれもが腰が原因ではなく腰の周辺の筋肉に引っ張られてしまい腰に過度に負担がかかった際に痛みが出るのです。

特に腰周辺の筋肉は姿勢保持筋(背中・臀部・太ももの筋肉)と言われ

運動を安定する為に多く使われるのでこれらが凝り固まると腰は負担がかかりやすいのです(+_+)

なので腰痛姿勢保持筋であるを柔らかくし、腰自体が負担がかからない状態にしていけば良いのです!

 

 


 

背中(脊柱起立筋)
首・肩甲骨から腰までついているので重いものを持ち上げた時などに負担はかかりやすいです。
また立ち姿勢の際により使うので同じ姿勢が長く続くと凝りやすいです。
FASAgZI-1200 (2)

1.椅子に座り、背筋を伸ばします

2.股関節を中心にして体を前に倒します。
3.息を吐きながら、手を前について10秒キープします。元の姿勢に戻ります。

 

 
 
 
 
 

・臀部(中臀筋)

股関節から足までついているので
立ち姿勢、座り姿勢でこの筋肉は使うことが多く長く続くと凝りやすいです。
gluteus-medius-stretch-1-e1453689976778 (2)

 

1.仰向けで寝ます
2.右足で左足をまたぎます
3.(2)の時、左足が浮かないように注意しましょう
4.右足の膝を地面につける

5.右足の付け根の筋肉が伸びているのを感じながら20秒

                                                     6.ゆっくりと元に戻し、左足も同様に行います
                  7.反対も同様に行う

 

・太もも(ハムストリング)
骨盤から足にかけて付いているため立ち姿勢、座り姿勢で負担がかかりま凝りやすいです。
またこの筋肉が硬いと姿勢は悪くなりやすいです。
illust04 (2)

 

1.台に片足を乗せる
2.膝をまっすぐ伸ばした状態で身体を寝かしていく
3.太もも裏が伸びている感覚があればそのまま20秒
4.次に膝を少し曲げた状態で身体を寝かす
5.この状態で先程同様20秒キープ
6.反対側も同じように行う
 
 
 

以上が腰周りに負担をかけやすい筋肉のセルフケア方法です!

作業の合間のちょっとした時間に行うだけでも負担を減らすことができますよ!
また慢性的な腰痛がある方にもオススメです!
先程あげた筋肉がコリ固まり痛みを出している可能性があるのでぜひ試し見てください(*´꒳`*)
今年もあと少しですが痛みのない健康的な身体を保ち良い年を迎えられるよう頑張りましょう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

<からだらか鍼灸整骨院情報>

大田区洗足池駅のからだらか鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

 

名称 からだらか鍼灸整骨院
所在地 〒145-0064 東京都大田区上池台2-25-8 コーポ宮本1F
電話番号 03-3720-7758
休診日 日曜/祝日
診療時間 10:00-20:30
アクセス方法 【電車】洗足池駅より徒歩2分
診療時間
10:00~20:30

 

bsp;

 


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容